• ながら八千代

喫茶記録帖のこと


喫茶野鳥




【喫茶記録帖とは?】

喫茶記録帖とは、測量野帳に描く喫茶店の記録を纏めたノートのこと。

2年前から描き始めた、色鉛筆で描いた喫茶店の外観スケッチ等の記録です。


初期の頃の喫茶記録帖。現在よりも事細かに店の様子やメニューについて記録していました。

写真で記録しておくこともよいかもしれません。このノートに写真をスクラップして記録することも面白いかもしれませんが、自分にしかできない方法で1冊、1冊積み重ねていきたいと考えました。


最近は喫茶店の閉店が相次いでおり、こうして描いて記録しているうちに形として建物、空間そのものを残すことは難しいけれど、それらをどうにか形にして残したかったのです。


ひとつひとつの場所、景色と向き合い、時間をかけてこの喫茶記録帖を積み重ねて地元・岐阜をはじめ全国各地の喫茶店について綴っていこうと思います。


今はインターネットで自分のノートを公開しています。それをするのは、同じようにそのお店に何かしらの思いがある人、行ったことがある人に、その人自身の物語を重ねて見てほしいとひそかに思っています。どうにかそういう方のもとに届いてほしいなんて思います。


絵を描く理由はこれかもしれません。なにより絵を喜んでくれる方は喫茶店の店主様です。

ありがたいことに、お店に置いていただくこともあります。


絵を見て「ここいったことある」「知っている」と思ってもらったり「その場に足を運んで実際の様子を見てみたい」と思ってもらえたり、実際に足を運んだ先でさらに同じ景色を探してみたり、違う景色を見つけてみたりしてもらえると嬉しいなんて思います。



ながら八千代


©2019 by 喫茶記録帖. Proudly created with Wix.com