• ながら八千代

coffee東の喫茶記録帖


coffee東の喫茶記録帖






札幌の中心部・大通公園に面したビルの地下にある喫茶店。

開業年など詳しいお話は伺えなかったが、ビル自体は昭和47年(1972年)に建てられたもののようだ。開業もその頃だろうか?


通公園の景色は、見慣れた名古屋の久屋大通公園の景色によく似ていて初めて訪れたときもなぜか懐かしさを感じた。


昔ながらの食品サンプルがずらりと並んでいる。ガラスの窓で囲まれカーテンで目隠しされているところもなんだか名古屋のとあるビルの地下にある喫茶店を思い出す光景だった。


ご夫婦で営まれているようで、店内は馴染みのお客様が数名。楽しそうにお話されていた。






店内中央に厨房があり、両脇に客席がある。入口入って左側はブロックパズルのような木製の壁。赤い革張りの椅子が並んでいる。


大通公園を散歩し、テレビ塔に上りプリン(470円)を食べて休憩。ホットコーヒー(470円)はフレッシュの変わりにガラスの器に盛られた生クリームが添えられる。苦めのコーヒーによく合う。


モーニングは7:30~11:00。トーストセット(卵付き・520円)、ハムトーストセット(570円)、サンドイッチセット(570円)。飲み物はコーヒー・コーラ・紅茶・ミルクから選べる。

ヘルシードリンクや日本茶セットなどもある。プリンが和食器で提供されるのも、日本文化を尊重してだろうか。

次回はぜひともこの日本茶を戴いてみたい。


ながら八千代

©2019 by 喫茶記録帖. Proudly created with Wix.com