• ながら八千代

純喫茶コロンビアの喫茶記録帖



喫茶コロンビアの喫茶記録帖








小樽へ。


花園銀座商店街はとても魅力的で、すぐに気に入った。しかしあまりじっくり観光できなかった。かれこれ2年前のこと。初めての北海道、小樽へ向かう電車の中から雪景色と海を見て、岐阜ではまず見れない景色に感動したことを覚えている。


行きたい店はたくさんあったが、グルメ大国で海鮮やかま栄のかまぼこ、北一ホールでビールなどたくさん飲み食いし結局小樽の喫茶店は1店舗しか行けなかった。この春、2年前に行けなかったところへリベンジ予定であったが延期となった。


さて、こちら喫茶コロンビアは昭和23年(1947年)創業。昭和の時代の喫茶店らしい高級感が溢れる煌びやかな喫茶店だ。(語彙力がない)


天井から降ってくるようなシャンデリアは圧巻。


こちらで頂いたものはプリンアラモード。真四角のプリンという珍しい形。


まだ雪が残る寒い日。温かいコーヒーが身体を温めてくれた。


今、小樽の昭和史を少し調べてみて小樽の喫茶店は非常に興味深いものがあった。一刻もはやく現地で喫茶店を見てみたい。それまでは次小樽を訪れるときまでにいろいろと調査をしてみたい。


ながら八千代

©2019 by 喫茶記録帖. Proudly created with Wix.com